神奈川県大和市 こころ歯科大和クリニックの入れ歯専門サイトです。

金具が目立たない入れ歯(ノンクラスプデンチャー他)

1908N-1.jpg

部分入れ歯は昔からありますが、その材質や製法はかなり進化しています。装着していてもほとんど人に気づかれないような「目立たない部分入れ歯」も可能になりました。そこで、当院で取り扱っている「目立たない部分入れ歯」について詳しくまとめてみました。
※入れ歯のことを歯科ではデンチャーと呼んでいます。

 

image2.png

保険治療で部分入れ歯を作るとき、お口の中で安定させるために残った歯に金具(クラスプ)をかけます。当院でもより良い入れ歯をご提供したいと日々努力していますが、保険治療の場合は材質やクラスプの設計制限など、国の基準があるため製作の自由は限られてしまいます。

当院にいらっしゃる患者様の入れ歯のお悩みで多いことの一つに、「入れ歯の金属が目立って嫌だから目立たないようにできないの?」などのご意見がもっとも多いです。近年、技術の進歩により強度の高いプラスチック素材が開発改良されてきたことで、現在では保険外診療になりますが金属の目立たない入れ歯を作ることが可能になりました。
当院で取り扱っている「目立たない入れ歯」について、それぞれの特徴とメリット・デメリットをわかりやすくご説明いたします。

image3.gif1908N-2.jpg

 

目立たない部分入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

新しく開発された金具の見えない入れ歯、当院でも一番人気です。

OPAアタッチメントデンチャー

差し歯と入れ歯のコラボレーション。もちろん入れ歯の金具は見えません。

コーヌステレスコープデンチャー

残った歯と入れ歯を融合させて製作します。もちろん金属金具は見えません。

クーゲルホックデンチャー

残った歯にホックをつけて固定する入れ歯。もちろん金属金具は見えません。

磁性アタッチメントデンチャー

磁力の力で入れ歯を安定させます。もちろん金属金具は見えません。

 

この中でも、特に人気のあるノンクラスプデンチャーとアタッチメント義歯についてお話しします。
患者様のご希望や口腔内によって、各種入れ歯の技術を組み合わせて製作する場合もあります。           

 

ノンクラスプデンチャー

≪特徴≫

通常は金具で作るクラスプ部分を、歯ぐきと同じ色のプラスチックで作成します。
見えにくい部分に金属を使用することもありますが、審美性に大変優れています。
比較的新しく登場した入れ歯ですが、強度の高いプラスチック素材が開発されたことで金具を使用しなくていいため、すでに当院でも年齢を問わず一番人気のある入れ歯です。

1908N-3.jpg

≪このような場合おすすめします≫

金具が目立つのが気になる
できるだけ入れ歯とバレたくない
インプラントはちょっと抵抗がある

 

  メリット  

他人に入れ歯を使用していることがわかりづらい。
金属使用料が少ないので審美性に優れている
金属床の場合薄くてフィットしやすく違和感が少ない
欠損一本から製作可能で、周囲の歯を削る量も比較的少ない

 

  デメリット  

保険適用外である
部分入れ歯である以上、天然歯やインプラントに比べると噛む力が弱い

 

 

ノンクラスプデンチャープラス金属床

≪特徴≫

審美性に優れたノンクラスプに金属床フレームを使用した入れ歯です。
金属は表からはほとんど見えない部位に設定するので、審美性も問題なく装着時の安定性にも優れています。
金属を使用することで強度が増し、歪みにも強いため一般的な入れ歯より薄く製作することが可能となります(金属部分で1/4~1/5の薄さ)
また、最大の特徴は硬い素材なので歪みが少なく噛み心地が良いことにつきます。

1908N-4.jpg

 

その他のノンクラスプデンチャー

 現在のノンクラスプデンチャーは、審美性に加えてある程度の強度を兼ね備えてきたので、日常的にご使用いただけるようになりました。しかし、さらに入れ歯の安定性を増した方がいい場合には、当院ではクーゲルホックや磁性アタッチメントを組み合わせた形のデンチャーもご用意しております。

 

 

磁性アタッチメント入れ歯

≪特徴≫

磁性アタッチメント入れ歯は磁力の作用で入れ歯を安定させる歴史ある治療法です。
健康な歯が一本以上残っている場合に適用となります。
磁石の力でしっかりと入れ歯を固定するため、歯ぐきの土手が乏しくなり入れ歯が外れやすくなってしまう方などにおすすめです。

残っている歯にキーパーと言うステンレスのふたを設置します。

1908N-5.jpg

入れ歯側にはキーパーとかみ合うように磁石を埋め込んで製作します。

1908N-6.jpg

外側からは磁石は見えませんが、安定力は抜群です。

1908N-7.jpg

  メリット  

磁石の力で入れ歯を維持するため、外れにくく安定しやすい
磁石の力で入れ歯を維持するため、状況によるが入れ歯を小さく設計できる
金具のクラスプで固定しないので審美性に優れる
入れ歯の下に歯が残っているオーバーデンチャータイプのため、沈下しにくく力が入れやすい
簡単な構造でできているので、取り外しやすくお手入れもしやすい

 

  デメリット  

ある程度健康な歯が残っていないと製作できない。
MRI検査時(特に頭部)に外さなければならない場合がある。