神奈川県大和市 こころ歯科大和クリニックの入れ歯専門サイトです。

金属床義歯(きんぞくしょうぎし)

金属床義歯とは、フレームに金属を使用して製作しています。総入れ歯にも部分入れ歯にも適応します。
強度の高い金属を使用することで、保険義歯のような厚みのあるプラスチックで製作するよりも薄く製作できます(プラスチック義歯の1/5~1/4の厚み)薄いため装着感が良く保険義歯より強度があるため歪みが少ないので良く噛めます。設計の自由度も高いため、患者様のご希望に近い入れ歯が製作できます。

金属床の部分入れ歯

特徴

歯が一部残っている場合、クラスプ・フレームともに金属で一体化させて製作します。強度があるため薄く作ることができ、金属の配置などもご要望に合わせて様々に設計できるのが特徴です。

 

1908K-1.jpg1908K-2.jpg

 

  メリット  

装着感が良い
規制なく自由に設計ができる(保険義歯は制約が多い)

クラスプ(金具)も審美面や機能面などを重視したものを設計することもできる

強度が高いため、薄く製作できる
保険の入れ歯に比べると1/4~1/5と大変薄いので違和感が少ない
強度が高いためゆがみが少なく、食事の際など噛み切りやすい
薄いため、食事や会話がしやすい
金属は熱伝導性に優れているため、食べ物の温度を感じる触感が良い

 

  デメリット  

保険適応外である
入れ歯である以上、天然歯やインプラントに比べると噛む力が弱い

 

金属床の総入れ歯

≪特徴≫

フレームとなる床(しょう)の部分を金属で製作します。
金属の使用部分が大きく感じますが、口に入れるとほとんど金属は見えません。下の入れ歯にも適応します。金属で製作するため、薄く作ることが可能になり、プラスチックで製作する保険の入れ歯に比べると、床の厚みが1/4~1/5と大変薄くなり、口腔容積が増えて舌も動かしやすくなります。保険入れ歯に比べとにかく薄く、快適とおっしゃられる患者様が多いです。

1908K-3.jpg

 

  メリット  

強度が高いため、薄く製作できる
上あごが薄いため口腔容積が広くなり、舌の可動範囲の自由度が増す
強度があるため、プラスチックの保険義歯に比べゆがみが少なく、食事の際など噛み切りやすい
プラスチックに比べると、金属は温度を伝えやすいため、食べ物の温度が感じやすい

 

  デメリット  

保険適応外である
入れ歯である以上、天然歯やインプラントに比べると噛む力が弱い